緋色と翡翠雫の欠片


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 拓磨×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 真弘×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 祐一×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 卓×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 慎司×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 遼×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 凛×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png ケテル×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 美鶴×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png パラレル 
もくじ  3kaku_s_L.png 晶×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 克彦×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 小太郎×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 亮司×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 陸×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 御子柴圭×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png その他×主人公
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png 作品リスト一覧
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
  ↑記事冒頭へ  
←クリスマス企画    →遠い貴方  卓×珠紀
*Edit TB(-) | CO(-) 

美鶴×珠紀

玉依姫の料理番 美鶴×珠紀

皆様、管理人の華です。

12月に入り今年ももうすぐ終わりです。

まぁ、その前に楽しいクリスマスがあるのでm何かこのサイトでも企画をたてたいと思っております。

ご意見やまたお話しのリクエストなども募集したいと思います。

どしどしと投票からCPとコメント欄にてリクエストしてくださいね。(どこまでかけるか分からないけど…)

それでは、少し変わりCPで美鶴×珠紀 (そういうからみはないけれど…)

よろしければ…読んでくださいませ。(美鶴がかなり壊れてます)







 玉依姫の料理番








言蔵美鶴の朝は早い。

まず、早朝5時に起床して、布団を片付け寝巻きから着物に着替える。

手早く身支度を整え台所に向かう。

まずは朝餉の準備に取り掛かる。

着物の袖をめくり手馴れた手つきで結ぶと食材を選び献立を決める。

なべに火をかけ、野菜を洗い皮を剥く、まな板を用意するとそれらの野菜などをリズミカルな音を立てて丁寧でなおかつスピーディに刻んでいく。

なべにそれらをいれ、その間に魚の下処理をして七輪の網の上で焼いていく。

料理の付け合せを簡単につくり浅付けの漬物を作る。

珠紀の好きな料理が次々と出来上がっていく。

もちろん珠紀が持っていくお弁当も渾身の力作である。

ふうっと美鶴が居間の卓上に並べられた完璧な仕上がりの朝ごはんに満足げに頷いた。

だが、これで美鶴の仕事が終わったわけではない。

すぐに踵をかえすと洗濯物に取り掛かる。

洗濯機をまわしている間に自分の愛すべき玉依姫を嬉々として起こしに行く。

美鶴の玉依姫はとても可愛らしい人で、特に寝ぼけている春日珠紀は言葉に尽くせぬほど愛らしいのである。

この役目だけは絶対に他の守護者なんかには渡せない美鶴だけの特権である。

珠紀を無事起こすことが出来た後は珠紀の賞賛で朝の食卓は始まる。

美鶴は表面には出さないが、珠紀に褒められるのはすごく嬉しい。

美鶴は永遠に珠紀を自分のものにしたいと密かな野心さえ抱いているのである。

だが…珠紀をめぐる争奪戦はかなりの難所である。

守護者達が珠紀によからぬ思いを抱えているのを美鶴は見抜いていた。

だが、誰にも珠紀は渡さないと水面下で策をめぐらしている美鶴であった。

「美鶴ちゃんッ今日の料理もすごくおいしかったよ」
珠紀がご馳走さまと両手を合わせてはしをおくと美鶴に笑顔で話かける。

「いえ、珠紀様のお口にあってよかったです」
さらりと美鶴は笑顔で返す。

「そんんことないよ、美鶴ちゃんはすごいよ」
「そんなすごいだなんて…」
「本当だよ、私ずっと美鶴ちゃんの作るご飯食べたいよ」
「本当ですか?私も珠紀様にずっとこれからも作っていきたいです」
珠紀が身を乗り出して力説すれば、美鶴は内心で死ぬまで貴方の為に料理を作り続けますからと拳を握っていたりした。

未来永劫、珠紀の料理番は誰にも渡さないと美鶴の決意はあのダイヤモンドより硬く硬く固まったのである。

(珠紀様、私が必ず幸せにしますから)
と美鶴は軽やかに微笑んだのであった。


今日も邸の外から美鶴の珠紀を呼ぶ忌々しい守護者達が厚かましくも珠紀の名前を呼んでいる。

美鶴はにこりと笑むと珠紀を制して、自分が出る。

「おはようございます、皆様。(馴れ馴れしく私の珠紀様を呼ぶんじゃない)」
ガラガラと玄関をあけた美鶴は笑顔で守護者達を迎える。

 決して自分の本性を気取られないように虎視眈々と美鶴の珠紀捕獲計作戦は進んでいくのである。




 ーEND



スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 拓磨×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 真弘×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 祐一×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 卓×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 慎司×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 遼×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 凛×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png ケテル×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 美鶴×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png パラレル 
もくじ  3kaku_s_L.png 晶×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 克彦×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 小太郎×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 亮司×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 陸×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 御子柴圭×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png その他×主人公
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png 作品リスト一覧
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
  ↑記事冒頭へ  
←クリスマス企画    →遠い貴方  卓×珠紀
*Edit TB(-) | CO(-) 
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[緋色の欠片二次小説
  ↑記事冒頭へ  
←クリスマス企画    →遠い貴方  卓×珠紀

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。