緋色と翡翠雫の欠片


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 拓磨×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 真弘×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 祐一×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 卓×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 慎司×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 遼×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 凛×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png ケテル×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 美鶴×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png パラレル 
もくじ  3kaku_s_L.png 晶×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 克彦×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 小太郎×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 亮司×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 陸×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 御子柴圭×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png その他×主人公
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png 作品リスト一覧
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
  ↑記事冒頭へ  
←玉依姫の料理番 美鶴×珠紀    →真弘先輩の誕生日 完結編 真弘×珠紀
*Edit TB(-) | CO(-) 

卓×珠紀

遠い貴方  卓×珠紀

 皆さま、管理人の華です。

今日は、卓×珠紀 サイト二番人気CPを載せますね。

私、初めて卓さんんを書きましたが…けっして私のイメージがそういうわけではないですよ?

どうか卓さんプッシュの方は私に罵詈雑言を吐くのはご勘弁願いたいです。

今度書くときはもっとしっとりとした大人の大蛇卓氏を書きたいですね。(希望)

次回、ご期待と言う事で…それでは読んでやってください。








 遠い貴方





 放課後の廊下を春日珠紀の後ろを守護者である同級生の鬼崎拓磨と狗谷遼が牽制しながら歩いている。

途中の教室で犬戒慎司が合流し、正面玄関まで来ると一年先輩の鴉鳥真弘と狐邑祐一が加わりぞろぞろと歩けば、周りの学生からもいやおうなく注目を浴びる。

 しかし、玉依一行はそんなこと気に求めない。

常に非日常の中で暮らしていれば、世間一般の常識とは一線を画すようである。

いつもと同じ帰り道だが、今日は少し様子が違う。

「あっ、卓さん」
珠紀が和服の似合う美丈夫を発見して、小走りに近づく。

「珠紀さん、迎えに上がりましたよ」
にこりと微笑んだ大蛇卓は珠紀に手を差し出した。

さりげなく珠紀の鞄を自然に奪う形になり珠紀の頬が染まる。

「///ありがとうございます」
「いえ、姫を守る守護者ならば当然のことです」
紳士で大人の男性を意識させて、珠紀は夢見る少女のようにぽっとして卓を見上げる。

 卓はそれを余裕で受け止め、片手を胸の前にあて、まるで中世の騎士のようだ。

(気障で、嫌味で、信じられない恥ずかしい奴だ。この陰険眼鏡男っ!)
珠紀と卓以外の守護者達が一斉に心の中で毒づいた。

「何かいいたいことでもあるんですか?皆さん?」
さらりと笑顔で毒づいた守護者達に本当は腹黒い卓が投げかける。

「いや、なにもないっ」
あわてて、皆首を振る。

「そういえば、卓さん。今日はよく会いますね?」
珠紀がただならぬ妖気を放つ卓に気付かずのんびりとしたこの場に合わない雰囲気で話しかける。

(お前が一番のつわものか!)
守護者達(卓は除外)は心の中で掛け合い漫才の合いの手をだす。

やはり一番恐ろしいのはこの玉依姫かもしれないと守護者達(くどいようだが卓は除く)は思う。

「そうですね、早朝に神社の前で、学校に行く途中、そして、昼食を食べに行かれる前に職員室の前で会いましたね」
卓はすらすらと今日どれだけ珠紀にあったかを嬉しそうに語る。

「はい、本当ですね」
無邪気な珠紀が笑顔で頷く。

(それって…今流行の俗に言う所のストーカーじゃないかっ!)
はやくもくそもないがまさしくストーカー行為だろそれはと再び心の中で守護者達が激しく突っ込む。

そんな事にも気付かないこの天然娘は…とあまりもひどいおっとりぶりにもうかける言葉も見つからない。

「きっと私達は相性がいいのかもしれませんね」
「きっとそうですよ」
ここぞとばかりに自分を売り込む事を忘れない卓にまったくそんな事にも気付かない珠紀のぼけっぷりに一同唖然の世界だ。

2人はニコニコと笑顔をかわしながら、このまま守護者達(卓は関係ない)の手の届かない世界に手をとりあい駆け出しそうな気さえする。

(だれかとめろよ~)
守護者達はできる事なら手を伸ばして2人をとめたいところだが…卓が怖くてそれも出来ない。

今日も玉依姫御一行は、可哀相な守護者達(卓以外だ)を連れて帰宅の道を突き進む。

がんばれ、守護者達っ!負けるな!きっと明日は…いい事が…有るかもしれない?と信じて生きてくれと願うしかない。




 ー END




スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 拓磨×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 真弘×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 祐一×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 卓×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 慎司×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 遼×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 凛×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png ケテル×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png 美鶴×珠紀
もくじ  3kaku_s_L.png パラレル 
もくじ  3kaku_s_L.png 晶×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 克彦×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 小太郎×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 亮司×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 陸×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png 御子柴圭×珠洲
もくじ  3kaku_s_L.png その他×主人公
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png 作品リスト一覧
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
  ↑記事冒頭へ  
←玉依姫の料理番 美鶴×珠紀    →真弘先輩の誕生日 完結編 真弘×珠紀
*Edit TB(-) | CO(-) 
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[緋色の欠片二次小説
  ↑記事冒頭へ  
←玉依姫の料理番 美鶴×珠紀    →真弘先輩の誕生日 完結編 真弘×珠紀

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。